海外生活に必要な3つの力


海外生活をする時に必要なこととは

現地の語学学校で学ぶ予定があったとしても、日本で日常的な英会話をある程度習得してから留学した方が限られた留学期間の中で、より実りある海外生活を過ごすことができるでしょう。

例えば留学先としても人気のアメリカに行く予定があれば日本でできる準備として
通学制又はオンラインで英会話を学ぶことができますね。
語学力は海外で快適に生活するために最も重要なで、コミュニケーションの幅を広げるために必要不可欠な能力だということは皆さんもお分かりだと思います。
そこで今回は、外国語の力以外にも留学において重要なマインドも紹介します。

恥を掻くことを恐れていては何もできない

日本人の性格は消極的で海外に行くと「恥を掻きたくない・・・」と挑戦したいことにチャレンジできずに帰国したという失敗談もよく聞きます。

海外生活では、もちろん買い物も一人で、どこかに行くときにも一人で電車に乗り移動しなければなりません。
日本で当たり前のようにできていたことが、海外に行くと何をするにも困ってしまう・・・これでショックを受けて日本に帰りたくなるという人も少なくありません。

このような時に「わからないので教えてください」と周りに助けを求めること、分からないことを伝えることができるかが重要です。
大人になるとプライドもあり「助けて」を発信することが億劫になりますが、ちょっと人に聞いてみるということができるようになると海外生活は大きく変わります。

恥をかくことを恐れず、知らないことは誰でもいいから質問してみる勇気も必要なことですし、質問するためのフレーズは覚えておきたいですね。

料理はできる?腕をしっかり磨いておこう

海外で周囲の人と良い関係になるために手っ取り早いこ、それは日本の料理を紹介し一緒に食事をすることです。

友人などを招いて食事を振る舞ったり、一緒に日本の料理を作るというコミュニケーションはとても有効です。
お好み焼きなどは鉄板をもっていけば簡単に作れますし、中にはたこ焼き器をもっていき、たこ焼きを作って日本文化の交流会を催すという方もいます。

麺つゆなどを持っていけばうどんやおそばなどを楽しんでもらえますし、料理の腕を磨くことは、有効なコミュニケーションツールとなるのです。
また海外で日本のあの料理を食べたいなと思う時、レストランに無い場合でも自分で調理することができるのでホームシック対策にもなります。

臨機応変に代用できる能力も備えておこう

海外に行くと日本で当たり前のようにあった品物が売っていないということもしばしばです。
「これが無いからできない」ではなく、何か代用できるものを探す、知恵を働かせるということが大切です。
これも一つのチャレンジと考えて、海外の商品で代用できるものはないか考えてみましょう。

豆知識ですが、お客様のところに行くのに靴が汚い、でも汚れ落としがどこに売っているのかわからないという時、海外のドラッグストアなどで売っているヴァセリンで代用することができます。
軽量スプーンがない時にはペットボトルのキャップが役に立ちます。キャップ2杯で通常大匙1杯分だそうです。
こうした代用、工夫について知識を持っていると、海外の生活はまた一段階快適になります。