冬のNYを楽しむ方法


冬のニューヨーク、寒さ厳しい中でも楽しむ!

日本でもメディアで報道されていましたが、ニューヨークは近年冬場極寒となる事が多く、2016年には歴代2番目という積雪量を記録したと伝えられました。
体感温度がマイナス20℃という非常に寒さ厳しい中でも、ニューヨーカーたちはその冬を楽しむことを忘れていません。

極寒の雪降る中、タイムズスクエア周辺では車にロープでくくりつけたスノボーに乗って楽しむ人がいたというから驚きです。
アメリカ人はこういう時でもとにかく楽しみに変えてしまうバイタリティを持っています。

日本からも多くの観光客が訪れるニューヨーク、寒すぎる大都市で日本人も多いに楽しめるように、ニューヨークで冬を楽しむ方法を紹介します。

ザ・リンクで遊ぶ幻想的なニューヨーク

冬のニューヨークが登場する映画の中にも、たびたび見ることがあるスケートを楽しむニューヨーカーの姿、その舞台となっているのがザ・リンクです。
もっとも有名なスケートリンクはロックフェラーセンターの下に登場します。

クリスマスシーズンにみられる巨大なクリスマスツリーが幻想的に輝く中、スケートを楽しめるなんてニューヨークならではです。
ロマンチックなこの美しいスケートリンクではカップルたちが楽しそうに滑り、中にはここをプロポーズの場所として選ぶ方もいるようです。

夏場はレストランとしてにぎわうこの場所は冬季限定でスケートリンクになります。
滑る事が出来る人数は150人くらいということで、90分交代制となっています。

ニューヨークの冬は芸術を楽しむのも素敵

ニューヨークは多くの芸術家たちが集うアートの街としても有名です。
そのニューヨークの中でも有名な美術館としてあげられるのがメトロポリタン美術館とMoMAです。

ニューヨーク5番街に位置するメトロポリタン美術館はセントラル・パークの東端にあります。
世界四大美術家として世界的にも有名なこの美術館には絵画や彫刻、写真などのほかに、家具や楽器など非常に沢山の芸術、美術品を見ることができます。

日本でも著作権保護期間を終えてパブリックドメインとなった画像が40万点ほど公開され大きな話題となりました。

MoMAは現代アート作品を中心として近代、現代の美術品を楽しめる美術館です。
マンハッタンのミッドタウンにあり、金曜日の16時から20時は入館料が無料になるということで沢山の人々でにぎわいます。

寒いけれど・・・見ておきたいのは自由の女神

アメリカ、ニューヨークに旅行に行くなら絶対はずせないのが自由の女神です。
世界遺産の一つに数えられる自由の女神は、季節を問わず常に観光客が訪れるニューヨーク屈指の観光名所です。

極寒の中、自由の女神を見に行くというのもちょっと・・・と思いますが、見ておかなければ絶対に公開します。
テレビや映画のスクリーンなどでみるのと、実際に自分の目で見るのとではその迫力に大きな違いがあります。

自由の女神を見るためには、自由の女神の冠まで見に行ける全見学が付くまれ地エルCrown Reserveが人気です。
かなり早く予約をしないと売り切れ必須なので、旅行が決まったら即予約しましょう。

自由の女神の台座まで行くことができるチケットはPedestal Reserve、自由の女神の島へアクセスする、外から見るだけというチケットは、Reserve onlyとなります。

沢山の方々が観光、留学で訪れるアメリカ、ニューヨークはその地にいったことで世界観が変わるともいわれるほど刺激的で、日本では感じる事の出来ない体験が詰まっています。
安全に・・ということはもちろんですが、より積極的に何でも吸収しようという気持で楽しんでほしいです。