• TOP
  • 英会話
  • ファストフード店で使える英語フレーズ

ファストフード店で使える英語フレーズ


海外でも気軽に利用できるファストフード、でも注文の仕方がわからない

海外旅行にいって食事をするとき、レストランに入るのは気が引けるものですが、ファストフード店なら日本でも食べているし、何がでてくるかもわかります。

海外旅行に慣れていない人でもさっと気軽に入ることができるのがファストフード店といえますが、問題は注文するときにどういえばいいのか?ということです。

どんなふうに注文すればいいのか、知っておくと便利なフレーズを理解しておけば、ファストフード店でさくっと注文できるようになります。

注文の流れは日本と同じ、まずは落ち着いて

海外の方ばかりの中に入っていくと視線など気になりますが、案外周囲の人は気にしていないものです。
まずは落ち着いて、お店の中にはいり混んでいるようなら列に並びます。

列に並ぼうと思っても日本のようにきれいな列になっていることが少ないので、並んでいるのか?注文した商品を待っているのか?わからない時には、「Are you in line?」列に並んでいますか?と聞いてみましょう。

自分の番になると次の人、どうぞ「Next,please.」といってくれるのでカウンターに行きます。
How may I help you?何を注文されますか?と聞かれるので注文したい商品を頼みます。

頼む商品を伝えるフレーズ

注文するときに利用するフレーズはI’d like○○やI’ll have○○などから始めます。
完璧にいわなくてもお店の方が片言英語でも理解しようと努めてくれるので、最低限の注文のフレーズを使えれば問題ありません。

例えばチーズバーガーを持ち帰りでという場合には、「I’d like a cheese burger to go.」でOKです。
お持ち帰りはto goですが、これをいわなくても、店内で食べるかどうか「For here or to go?」と尋ねてくれるので(店内で食べるか、持ち帰るか)大丈夫です。

注文を終えるとほかにご注文は?「Is there anything else?」と聞いてくれるので、この時には「That’s all.」以上ですと伝えればいいです。

知っておきたい「日本人が間違えやすい」こと

日本のファストフード店ではフライドポテトといいますが、アメリカではフライドポテトといいません。
フライドポテトを注文したい場合にはfrench friesといいます。

サイズもだいたいS、M、Lで通じることが多いのですが、通常、small、medium、largeといいます。
飲み物の場合、smallと注文すると8オンス?と聞かれることがあります。

飲み物のサイズはスモールが8オンス、ミディアムが12オンス、ラージが16オンスと覚えておくと安心です。

また海外のファストフード店でコーラといってどうしても通じなかったという人も多いと思います。
ネイティブの場合、コーラはcokeです。

海外のファストフードン店も日本のお店と同じように、どういうバーガーなのか、商品なのか、写真などで説明されているので、最悪、メニューを指さすことで通じることもあります。

しかしサンドウィッチのお店などは細かくサンドするものを選び注文する必要があるので、ある程度言葉を理解し、伝える力を養っておくと安心です。