• TOP
  • 文化
  • チップを支払うという文化
チップ

チップを支払うという文化


チップの文化

日本においてはあまり見られない文化であり、アメリカでは一般的な文化であることの1つとして「チップ文化」というものがあります。
これはサービスへのお礼として支払うというものであり、日本ではこのサービスの料金自体が給与として含まれているのに対して、アメリカではそうではない職場も多いため、別途チップを支払う必要がある、というものです。
十分なチップを支払わないと、露骨にサービスが低下するようなケースもあるため、十分注意しておかなければなりません。

それでは、どのような場面でチップの支払いが必要となるのでしょうか。
ポイントとなるのは「何かをして貰う場合」です。
例えばレストランのウェイターさん、タクシーの運転手さん、ホテルのルームサービスさん、これらの仕事に対してチップが必要となる場合が多くなります。
逆にチップの支払いが必要とされない場所としては、スーパーマーケットやガソリンスタンドなどがあります。

では、それぞれのサービスに対して、どのくらいの金額をチップとして支払うのが良いのでしょうか。
ここでは、一部のサービスを例に取り、適切なチップ額について紹介します。
>>【完全版】「アメリカではチップをいくら払えばいい?」チップの常識と英語表現まとめ | DMM英会話ブログ
アメリカにおけるチップ文化については、上記サイトにも詳しく紹介されています。

まずは、ウェイターへのチップについてです。
こちらについては、食事をする料金の15から20%前後をチップとして考えるのが良いでしょう。
高級なレストランとなると20%とするのが無難となります。

次に、タクシーへのチップについてです。
こちらについても、移動料金の15から20%前後が良いとされるチップ額となっています。

最後にバーテンダーへのチップについてです。
こちらは1杯に付き、1から5ドル程度が適切なチップ額です。

この他にも色々と細かいサービスに対してのチップ支払いがありますが、全てについて適切な金額の記憶をしておくのは容易ではありません。
その為、迷った時には「料金の15%」程度で抑えておくと、概ね間違いがありません。

チップへの用意

このように、アメリカにおいてはさまざまな場面においてチップの支払いが必要となります。
そのため、国内で生活をしている時以上に「細かいお金」を持っておく必要が大きくなります。
1ドル札を多めに用意しておくと、いざチップの支払いがあるという時に困らずに済むでしょう。
両替をして貰う場合にも1ドル札を多めにしてもらうようにすると、後々便利に使用することができます。

チップ文化についてしっかり理解しておかないと、自分の受けられるサービスが低下するだけではなく、相手にも嫌な思いをさせてしまうことになります。
文化の違いであることを理解して、しっかりとチップの準備をしておくようにしましょう。
ただし、過度に大きなチップを渡すこともトラブルに繋がる可能性があるため、適切な金額で渡すことを心がける必要があります。