海外で友達を作る3つの方法


海外で生活する魅力、それは身をもって文化を体験できること

海外生活をされる方が年々多くなっています。
外資系企業に就職される方も多くなっていますし、日本企業の海外支店に移動ということもあります。

海外で生活するということには多くの方が不安を持ちますが、海外で生活することへの魅力もたくさんありますので、みなさん不安とワクワクするような気持ちをもっていかれるのではないかと思います。

海外で生活するとその地域の文化を身をもって理解できますし、日本とは違う魅力を発見することもあり、価値観が変わる人も少なくありません。
海外で楽しく文化交流をしながら暮らしていくために必要な事、それは友人を作ることですが、日本人はこれがなかなか難しいようです。

Meetupで友人を作ろう

友人を作りたいけれどなかなかできないという人は、Meetupという交流サイトを利用されてみるといいと思います。
このサイトはリアル交流をオンライン企画、告知できる、オフ会を行うようなローカルコミュニティサービスです。

オンライン上には語学サークルやフットサル、ヨガ、飲み会などのイベントがたくさん掲載されています。
ここにオンライン上から申込み、共通の趣味がある人たちと楽しく交流できるというサイトです。

9.11の哀しい出来事がきっかけとなって作られたニューヨーク発サービスですが、現在では日本語対応もされているのでここを利用して友人を作る方も多いようです。

出会い系サイトを利用することも一つの方法

日本では出会い系を利用することにブラックなイメージを持っている人もいますが、海外では友人作りのメジャーな方法として知られています。
アメリカなどの場合、クラスの80%以上が出会い系アプリを利用したことがあるというくらいで、かなりメジャーな「友達作りの場」なのです。

特に注目されているのがTinderというサイトで、自分の半径数キロメートル以内にいる人とマッチングするというサービスがあります。
旅先で現地の人と仲良くなりたいという場合などにも利用されている方がいるようです。

アプリ内でチャットも楽しめますし、英語の読み書きなども勉強できるので様々な事に利用されている方がいます。

地域のバーにいって友人探し

お酒が入れば自然にフレンドリーになる・・・というのは日本だけじゃなく、海外でも同じです。
日本にもスポーツバーなどがありますが、海外はかなりこうしたバーが多いので、地域のバーやクラブに行って友人をみつけるという方法もあります。

その他にも、例えばカフェで働く人と仲良くなる、いつも洋服を買う所の店員さんと仲良くなるなど、何かのきっかけで友人が出来たという人も多いようです。

消極的に過ごすのではなく、海外で新しい発見をするという気持ちをもって積極的にすご継気持ちも、友人作りに必要な事です。