為替

お金を持っていく方法


お金を持っていく

留学にせよ旅行にせよ、海外に行く時には当然その現地で使うことができる「金銭」について準備をしなければなりません。
それでは、アメリカに滞在をする場合には、どのようにして金銭を用意するのが良いでしょうか。
まずは「現金」の用意について紹介します。

アメリカはご存知の通りドルが基本通貨となっています。
このドルは主要通貨の1つであるため、日本国内でも簡単に両替を行うことができ、簡単に入手することができる外国通貨です。
これによって、現金の用意というのは他の諸国への留学の場合に比べると格段にしやすくなっています。

ただ、両替の際には「レート」というものが存在しています。
日本円が高い状態なのか、あるいは安い状態なのかによって、同じ金額でもどれだけの金額のドルとして両替をすることができるのかに違いが生じることになります。
円高時の状態の場合には円の価値が高くなっているため、他国通貨に両替する際には有利となります。

それでは、どの程度のお金を現金として用意しておくのが良いのでしょうか。
大金を現金として用意しておく必要はありません、留学をして、とりあえず直ぐに必要となる程度のお金を現金として用意しておくぐらいで良いでしょう。
数万円程度の現金があれば、基本的には十分です。

ただし、日本に比べると地域によっては治安が良くない場合もあります。(これについては、後述する「治安」カテゴリーの記事で紹介します)
その為、1つの財布に全ての現金や重要なカードなどを入れておくことはあまり良くありません。
複数の財布に分けるなどして所有しておくようにすると良いでしょう。

カードを使う

そして、アメリカで生活をする場合に是非用意しておきたいのがクレジットカードです。
日本に比べてカード文化であるアメリカにおいては、現金よりむしろクレジットカードの方が利用がしやすいケースも少なく有りません。
日本国内では昨今アニメなどの柄のクレジットカードも発行されていますが、向こうでは信用の証として扱われているため、よりフォーマルなデザインのものを用意しておいた方が良いでしょう。(偽造を疑われ、無用なトラブルを招くことになります)

クレジットカードについては、国内向けの規格と世界向けの規格があります。
海外で使用することができる規格であることをしっかり事前に確認することは忘れないようにしましょう。
また、年齢や審査などの理由によってクレジットカードの作成が難しい場合には、デビッドカードでも構いません。
こちらについても世界で使える規格であることを確認する必要はありますが、銀行残高から直接使用することができるカードであるため、使いすぎがないのも魅力の1つとなります。