留学・お金

留学中にお金を稼ぐ方法


留学中の仕事は

留学をする際には多くの費用が必要となる、というのは別カテゴリーの「アメリカ留学の費用」の中で紹介をしました。
長期留学となり、期間が長くなればなるほど必要となる金額についても大きくなっていくことになります。
事前にその費用を全て揃えておく、というのはなかなか難しいもので、そうしている間に留学ができる期間を過ぎてしまうことも少なく有りません。
それでは、留学をしながらお金を稼ぎ、留学費の足しにするということは出来ないのでしょうか。

これについては、「ビザ」の仕組みについて知っておかなければなりません。
アメリカはワーキングホリデー制度が使える国ではないため、学生ビザの範疇で仕事をしなければなりません。
学生ビザでの入国の場合、仕事をすることができるのは週20時間まで、就業場所はキャンパス内に限る、というようなルールとなっているため、この枠組の中で使うことができるアルバイト先について考える必要があります。

この仕事をすることができるのは、アメリカの大学に留学をする場合です。
語学学校への留学の場合についてはこの仕組もなく、仕事をすることが出来ないという点について注意をしなければなりません。
もしこれらのルールを破り、違法就労を行った場合、露見してしまえば強制送還されることになります。
その為、これらのルールを破る、ということは全く推奨できるものではありません。

仕事の種類

それでは、アメリカで留学中に、合法的に利用できるお金の稼ぎ方としてはどのようなものがあるのでしょうか。
前述の大学でのアルバイト以外にも、いくつかの選択肢考えることができます。

まずは、インターネットを利用してフリーランスとして仕事をするというものです。
今ではインターネット上の求人というのも多く存在しており、アメリカにいながら日本の会社から仕事を受けるということも不可能ではありません。
ただし、インターネット上であれど、アメリカ企業を対象にして仕事をする場合には違法就労として捉えられてしまう可能性もあります。
移民法の扱いによってグレーになる場合もある方方であるため、注意をしなければなりません。

この他にも、インターネットを利用したお金の稼ぎ方として「転売」があります。
アメリカ国内で手に入りやすいものを、日本国内で売却するようなことをすることで利ざやを生むことができます。
ただし、元手が必要である上に、リサーチも必要であるため注意が必要です。