• TOP
  • 生活
  • NY版「食べログ」的なサービスのまとめ

NY版「食べログ」的なサービスのまとめ


色々な食べ物があるニューヨーク・・どこで何を食べたらいい?

アメリカは自由の国、移民の国といわれる通り、人種も様々、それに食べるものも様々です。
ニューヨークに行くと様々なお店があり、どれも魅力的でどこを選んだらいいのかとにかく迷います。

レストラン一つとっても、色々な国の料理が楽しめるので何を食べようか?迷うのですが、やはりニューヨークに行くのですから、ニューヨークを感じさせるお店を堪能したいものです。

おいしい料理を提供してくれる人気のお店を探す方法として、日本では食べログがありますが、こうした食べログと同じようなサイトがあります。
こうしたサイトを利用してオススメ店舗をさがしてみてはいかがでしょうか。

アメリカ人の多くが利用するYelp

アメリカの方が今日は何を食べに行こうか?と聞かれると8割以上の方がこのアプリを見るという非常にメジャーなアプリがYelpです。

レストラン、バーなどを検索できるサイトで、検索はコメントや評価、現在地からの距離から選ぶことができます。
実際にお店にいった方の感想から探せる検索が人気のようです。

飲食店以外にもその他のお店や賃貸物件情報などの様々な情報を検索できる機能があるということも人気の秘訣だと思います。

SNSからの検索も人気

現在世界中の方々が利用されているFacebookやTwitterなどSNSから人気のお店を検索するという方も多いようです。

こうしたSNSは日本でも沢山の方が利用されており、人気のお店に行っておいしく料理を食べる写真をアップしたり、どういう料理なのかちょっとコメントするなど、お店を探したい時に利用できます。

おいしいお店、また食べログ的なサイトでもまだ紹介されていない穴場のお店情報もゲットできる可能性があります。

ニューヨークで最も有名な新聞「The New York Times」から情報ゲット

世界的にも知名度の高い新聞といえばやはり「The New York Times」です。
日本でもニュースなどで「The New York Timesの記事によると・・・」と内容が紹介されることも多く、実際に読んだことがあるという人も多いのではないかと思います。

この新聞ではニューヨーク市内に新しくできた注目のお店などを紹介することがあり、新聞の記事を見ていくお店を選ぶという人も多いようです。

不特定多数、また幅広い年齢層の方々が読んでいる新聞ですから、情報も様々なものがあり、お店探しにも役立ちます。

ローカル店舗を網羅しているGothamist

WEBメディア「Gothamist」では新聞やメジャーなサイトには掲載されないようなローカル店舗を紹介してくれているというメディアで人気があります。

非常に安くお料理を食べられるお店等、ニューヨーク中心街から少々離れた場所に位置するローカル店舗を紹介しています。

ニューヨークの最高級店に行くのも素敵ですが、地元の人が通うジャンクなお店に行きたいということならこのメディアは見逃せません。