お茶

ホームステイ先で喜ばれるお土産


アメリカへのお土産

留学をする場合には、学校の寮などに滞在する方法の他「ホームステイ」という方法を取ることがあります。
これは現地の家庭に滞在をさせてもらうという方法で、より身近な人が存在することによって言語の習得もスムーズになるというメリットがあります。
ホームステイをする場合には、現地の家族と仲良くなることが重要なポイントの1つです。
そのため、日本から「お土産」を持っていき、ハートを掴むようにすると良いでしょう。

それでは、アメリカのホームステイ先に持って行く場合に喜ばれる日本のおみやげというのはどのようなものがあるでしょうか。
これを考える場合には、まずホームステイ先の情報について入手しておく必要があります。
家族構成などによって、喜ばれるものにも違いがあるためです。

まずは、家族構成に関係なく喜ばれることが多いお土産について紹介します。
「お箸」は日本の食文化を代表するアイテムであり、向こうではあまり使われていないものであるため喜ばれるものの1つとなっています。
せっかくなら工芸品のお箸などを購入して持っていくと良いでしょう、桜などの柄が付いているものはさらに日本の雰囲気があり、喜ばれやすいものとなります。

同じく、湯のみなども喜ばれやすいアイテムの1つです。
日本と違って緑茶などを飲むことはありませんが、飲み物を飲む機会というのは何処の国でもあるもので、無駄になることはないでしょう。
こちらについても、日本風のデザインのものを用意しておくとさらに喜ばれやすくなります。

この他にも、日本らしさを伝えることができる扇子や浴衣なども良いでしょう。
女性がいる場合にはかんざしなども魅力的なお土産の1つとなります。

子供がいるという場合には、日本のアニメグッズなども喜ばれやすいものの1つとなります。
特に忍者アニメのは海外でも人気が高いため、小さい男の子がいる家庭なら喜ばれやすいでしょう。

こんな変わり種も

ここまで紹介してきたお土産というのは、いわばスタンダードなタイプのものとなります。
ホストファミリーが過去に日本人を受け入れたことがある家庭だった場合、上記のようなものについてはすでに持っている可能性もあります。
そういった時には「ちょっと変わった日本独自のもの」をお土産として用意するのが良いでしょう。

例えば「孫の手」などはそういった際に便利なお土産となります。
背中が痒くなるというのはアメリカの人でもあることです、実用性と日本らしいデザインを兼ね備えているため、喜ばれやすいでしょう。

この他にも、ホッカイロなども変わったお土産となります。
ホッカイロはアメリカにはないものであるため、寒冷地に行く場合や寒い時期に行く場合などについては、サブのお土産として持って行ってみると良いでしょう。