ジャンクフード

アメリカの食文化


アメリカの食事事情

海外に滞在する場合、1つの大きなネックとなるのが「食事の違い」です。
食事が口に合わないと、それだけで滞在が苦痛になってしまうものです。
特に日本食というのはもともと独特な料理であるため、海外ではなかなか同じ系統の料理に出会うことはありません。
とは言え、昨今では日本国内でも欧米食が多く食べられるようになっているため、そこまで違和感なくアメリカの食事に馴染むことができる場合もあるでしょう。

それでは、アメリカで食べられている一般的な食事について紹介します。
アメリカといえば、ジャンクフードの文化があります。
例えばホットドッグやピザなどについては、こちらよりも安い金額で購入をすることができ、量も多くなっています。
フライドチキンやフライドポテトなども人気がある料理であり、こちらも安く、量が多く購入できるものです。

また、日本国内ではあまり馴染みがない料理としてミートローフがあります。
ミートローフというのは、肉を長方形にしてオーブンで焼いた料理となります。
いわゆるハンバーグの変形料理のようなものですが、こちらではあまり食べないものであるため、一度は食べておくと良いでしょう。

アメリカのスイーツ

それでは次に、主食ではなくアメリカでよく食べられているスイーツとしてどのようなものがあるのかを紹介します。
日本でも食べられている物が多いため、そこまで違和感がないのではないでしょうか。

まずは、シフォンケーキがあります。
これはアメリカはロサンゼルスで生まれたケーキで、現在でもその周辺を中心にして高い人気があります。
一時は人気が衰退していましたが、現在はまた盛り返しました。

次に、ブラウニーについてです。
ブラウニーはシカゴで行われた万国博覧会に端を発して生まれたスイーツで、現在では国内でもよく食べられるものになりました。
気軽に作ることができるものであるため、ホームステイ先などで食べることもあるかもしれません。

少し馴染みのないものとしてはパーシモンプディングがあります。
これは柿を使っているという珍しいスイーツとなっています。
クリスマスなどに食べられるプディングの変形料理のようなものです。