• TOP
  • 文化
  • 日本とは違うアメリカの車事情

日本とは違うアメリカの車事情


ザ・車社会のアメリカ、車がないとどうにもならない?

都市部にいれば地下鉄もバスもとにかく交通網が発達しているので、アメリカも日本同様、車がなくても過ごせると思いますが、都市を離れると広大な面積を持つアメリカで車なしで生活するということは非常に困難な事です。

またお買い物に行くと、とにかく商品がジャンボということもあり、持ち帰ってくるときに車がないとどうにもならないという時もあります。

日本も車社会といわれますが、アメリカはその上を行くと感じる車社会です。
運転免許の取得方法、法規などについては州ごとに異なるため、アメリカで車を運転するということならしっかり理解しておくことが必要です。

こんなに違うアメリカの車事情

日本の場合、免許を取得する時、自動車教習所に通いテストを受けることで免許取得となります。
しかしアメリカの場合、教習所に通うという人が少ないのです。

家族の車や友人の車を借りて運転の練習を行う人がほとんどで、路上試験の時にも家族などから借りた車を持ち込みテストを受けるということが一般的です。

日本の場合、車は左を走りますが、アメリカの場合は右を走ります。
これはみなさんも理解されていると思いますが、あまり知られていないこととして、アメリカでは信号が赤でも一時停止することで「右折」できるという法規です。

信号機が設置されているところに「NO TURN ON RED」と書かれている場合は、右折できませんが、これがない場合には右折可能なのです。

日本でも駐車する後方に民家があると「前向き駐車」と限定されているところがありますが、アメリカは一般的に前向き駐車が多いようです。
前向駐車しやすいように駐車スペースが斜めに広く取ってあることが多いです。

駐車スペースが広く取ってある事でバックの駐車もしやすくなっていますが、前向き駐車をする方が荷物の積み下ろし等も楽ということで、前向き駐車となっているところが多くなっているようです。

複数人が乗っている車が優先的に走行できるレーン

大きな道路などでは複数人が乗っている車が優先的に走行できるHOV「High Occupancy Vehicle」Laneがあります。

全ての道路ではないのですが、広い道路にはこうしたレーンがあります。
こうした道路にはひし形のマークがしるされていますが、追加料金を支払うことで一人乗りの車も走行できることがあります。

注意してほしい、日本とは違う部分

車を離れる時、日本では貴重品だけをもっていく方がいますが、アメリカではノートパソコンなどであっても、少々重い物でも盗難被害にあうことがあります。
こんなものもっていけないだろう?と思うようなものも、置いておくと窓を割られて盗まれてしまうことがあるのでトランクに隠すなど注意が必要です。

また州によって異なるのですが、縁石に色がついている時、赤は駐車禁止、黄色は商業者駐車してもよし、白は短時間の駐車ならよし等、色によって決まりがあります。

縁石の横に標識があるため、色と標識をよく確認することが必要です。
時間帯によって制限が変わることもあるので、注意しなければなりません。

このほかにも、アメリカでしか見ない標識等もありますので、アメリカの車の法規、道路の法規を理解して、それから車の運転をすることが求められます。